節約POINT

引越し会社には、予算や依頼する内容にあわせた様々なサービスがあります。その中から自分に適したものを選ぶことになりますが、「自分でできることは自分でする」ことが、出費を抑えることに繋がります。
サービス内容を良く聞いて、経済的に!

1引越しは平日にしよう
引越日(家財の搬出・搬入日)が土・日・祝日にかかると割り増し料金になることがあります。
できるだけ平日に引っ越しましょう!
※どの引越会社によっても違いがあるので、必ず確認しましょう。
2荷造り・荷解きは自分でしよう
引越資材の準備・家財の搬出・搬入・据付け・掃除など、引越会社に全てまかせてしまうプランもありますが、時間に余裕があれば、荷造り・荷解きは自分でしましょう!
3引越し資材は自分で集めよう
引越資材(段ボールやガムテープ・ひも類など) 自分で揃えられる物は自分で用意しましょう。
4新居で不要となる物は、事前に処分しておこう
新居で使わない物は市区町村の清掃局に引き取ってもらったり、リサイクルショップやフリーマーケットなどを利用して処分しておきましょう。

5正確な見積もりを取る為にも、荷物の量をしっかり把握しよう
荷物の量がはっきりしないまま引越を依頼すると、トラックが大きすぎたり小さすぎたりして、結局もったいない思いをすることにもなります。性格に荷物の量を把握して、それから引越会社に見積もりをお願いしましょう。
6引越し当日は、自分も少し手伝おう
引越料金は、次のようなことで決まります。
予定していた時間をオーバーすると割り増し料金がかかってしまうこともあるので、自分のできる範囲で荷物の搬出入を手伝うようにしましょう。
7引越し会社のオプションサービスを活用しよう
引越会社にはさまざまなオプショナルサービスがあります。
エアコンやアンテナなどの取り付け・取り外し・ピアノ・エレクトーンの運送・荷物の保管・ユニット家具の取り付け などなど・・・
それぞれの専門の業者に依頼するより安くなる場合がありますので、引越会社に相談してみましょう。

モバイルでもお部屋探し

空き室どっと混む
当サイトに掲載の図面、データ等の無断転載を禁じます。

ページトップへ